欧米語学留学と同じクオリティの教育をフィリピンで
日本人が経営する、日本人のための英語スクール
低価格というフィリピン留学のメリットはそのままに、欧米ネイティブ講師によるマンツーマンの授業を展開

持ち物チェックリスト

必ず必要なもの

パスポート

フィリピンご滞在日数+6ヶ月の有効残存期間が必要です。ご留学の延長やご留学前後にフィリピン旅行をご計画されている方はパスポートの残存期間に余裕をもってご渡航ください。また、緊急時に備え、顔写真の載っているページのコピーを取りパスポートとは別の場所に保管しておいてください。

航空券

日本へのご帰国または第三国に出国する航空券をお持ちでない無い場合、フィリピンへの入国が拒否されることがあります。必ず出国用の航空券をご用意願います。現地でのご滞在を延長される可能性のある方は、オープンチケットをご購入ください。

現金、カード類

日本円はフィリピンの空港・ショッピングセンター・銀行・ホテルなどで比較的簡単に両替でき、日本での両替よりも為替レートがお得です。また、国際キャッシュカードやクレジットカードなどもお持ちになると非常に便利です(詳細は後述)。

証明写真

5cm×5cmの証明写真をご用意願います。現地でのSSP(Special Study Permit)取得や、ビザの延長に必要です。ビザ延長の回数次第では複数枚が必要となりますが、大半の生徒様は1枚で手続き可能です。

写真は背景が白(青も不可)で、眼鏡や帽子は着けずに撮ったもののみ有効です。パスポートの写真が眼鏡着用であっても、外しての撮影をお願いします。

ご到着後に学校近くのショッピングモールにて撮影することもできます。

 

海外旅行保険証

海外旅行傷害保険、海外留学保険には出来る限りご加入下さい。

 

あると便利なもの

辞書、電子辞書

ご留学を前に電子辞書を新たに購入される方には英和・和英・英英・類語の全機能が入ったものをお薦めします。英英辞書機能は、マンツーマン授業でも使用可能です。現地で購入することは困難ですので、ご留学前にお好みのものをご購入されることをお勧めします。

録音機器

授業を録音することで、復習に役立てることが可能です。帰国後の学習にも非常に有効です。

カメラ

休日の観光やアクティビティだけではなく、講師やスタッフとの記念写真も残すことができます。現地で現像することも可能です。

国際キャッシュカード、クレジットカード

クレジットカードのキャッシング機能を使えば、国際キャッシュカードと同様に必要に応じてATMでお金を引き出すことが可能です。一般的にフィリピンではATMでの1回の最大引き出し限度額が4000ペソ程度ですが、当校の近くにございますCity BankのATMでは1回につき15,000ペソまで引き出すことが可能です。

ノートパソコン(タブレットPC、スマートフォン)

学校およびスタンダード以上のお部屋は常時ネットに接続できます。また、クラークの街にはwifiが使用可能な公共の場所がたくさんございますので無線受信機能がついている製品は便利にご利用いただけます。

筆記用具

文具は現地でも購入可能ですが、使い慣れたものがある方はご持参をお薦めします。

変圧器

フィリピンの電圧は220V/60Hで、日本の電化製品を使用する際には変圧器が必要です。ただし、最近はノートパソコン、スマートフォン、シェーバー、デジカメなどのほとんどの電化製品は海外の電圧に対応していることが多く、変圧器なしでも問題なく生活していただけます。また、コンセントの形は日本と同じですの変換プラグを持参される必要はございません。ドライヤーは、日本製を持参された場合はショートしてしまう場合が多く、現地での購入をお勧めします。

 

現地で購入可能なもの

シャンプー、石鹸、ティッシュなどの日用品

特にこだわりのない方はフィリピンでご購入いただくのが経済的で、日本からの荷物もかさばりません。当校から徒歩約3分の場所に大きなショッピングモールがございますので、基本的な日用品はほとんど何でも手に入ります。

洋服(汚れてもよいもの)

ビーチサンダル、Tシャツ、短パン、水着などはフィリピンで安く購入できます。

生理用品

有名メーカーのものがスーパーなどで手に入り、種類も比較的豊富ですが、こだわりのある方はご持参ください。

 

日本からのご持参をおすすめするもの

コンタクトレンズ用品

フィリピンでは高価な上に品揃えや品質が十分でないことがございます。日本で使い慣れた製品をお持ちされることをお勧めします。

電気消耗品

乾電池やメモリーカードは日本製のほうが高品質です。性能は落ちますが現地でも入手可能です。

 

服装について

屋外では一年中半袖でも大丈夫です。しかしながら、映画館、ショッピングモール、高速バスなどは冷房が強いことが多いので、長袖もお持ちになることをおすすめします。特に冷え性の方はシャツよりもカーディガンやパーカーなど、厚手の長袖もお持ちください。

また、少しフォーマルな場面に備えて、サンダル以外の靴、襟のあるシャツ、長ズボン(男性)をお持ちいただくと役に立つこともございます(現地高級ホテルで食事をする際など)。当校の留学料金にはランドリーサービスも含まれておりますが、水や洗剤が日本の品質よりも低く、色あせなどの可能性がございます。汚れや傷みがついても大丈夫な服を持参願います。フィリピンでは衣類はとても安く買えますので、こちらで購入される生徒さまも多数いらっしゃいます。

 

Contents

  • フィリピンクラーク留学院 スタッフブログ
  • 無料Skypeオンラインレッスン
  • フィリピン教育省
  • フィリピン政府観光省
  • PSAA 一般財団法人フィリピン留学普及協会
  •  フィリピンの子どもと女性の支援、現地ボランティア体験の特定非営利活動法人ソルト・パヤタス
  •  特定非営利活動法人アクセス-共生社会をめざす地球市民の会
  • @CE_Ashida 代表の芦田のアカウントです。フィリピン留学、海外ビジネス、国際協力などについてつぶやいています。
  • Find us on Facebook

pagetop