欧米語学留学と同じクオリティの教育をフィリピンで
日本人が経営する、日本人のための英語スクール
低価格というフィリピン留学のメリットはそのままに、欧米ネイティブ講師によるマンツーマンの授業を展開

代表者挨拶

 

 初めまして。クラークフィリピン留学院代表の芦田と申します。クラークフィリピン留学院は、フィリピンへの短期留学を通じ、生徒さまの英語力を飛躍的にアップさせることを目標に設立した語学学校です。

 

 私がこの学校を創ろうと考えたきっかけは、自らがフィリピンの語学学校を体験して感じた物足りなさにございます。以下、私の具体的な経験にも触れつつ少しお話したいと思います。

 

 私は2011年の末に勤務先の楽天銀行が開始した英語力強化プログラムでフィリピン短期語学留学を経験しました。会社から求められているTOEICスコアはクリアしておりましたが、1ヶ月も海外に滞在できるということで厚かましくも参加させてもらうことにしました。

 

 フィリピン留学を欧米への語学留学と比較した場合の2つの大きな特長は、①値段の安さと、②マンツーマン授業です。欧米や日本で個人指導を受けると非常に高くつくのですが、フィリピンに留学すれば何とか手の届く値段でたくさんの個人授業を受けることができます。実際に留学したことで、非常にコストパフォーマンスの良い英語学習手段であることが実感できました。

 私が滞在した学校を含め、フィリピンの語学学校の大半は英語熱が極めて高い韓国の人たちによって運営されております。私も韓国人の若者(主に大学生)たちと学校の寮で共同生活をしながら日夜英語漬けの日々をスタートしました。日本人生徒は自らの意志でフィリピンへ留学しているのに対し、韓国人生徒は教育の一環として親の意志によってフィリピンへ送り込まれている人たちが多い印象を受けました。

 

 生徒たちと親しく話す関係になってくると、現地で学ぶ生徒たちの不平不満が耳に入ってくるようになりました。

 

 ・講師の質が低い(フィリピン訛り、ビジネス経験が無いなど)

 ・部屋に清潔感がない(アリ、ゴキブリ、ヤモリなどが多い

 ・食事が合わない(日本人はもちろん、韓国人生徒からも)

 ・門限や飲酒の禁止(韓国人学生が親から入れられる学校のため)

 ・自分のレベルをきちんと把握してもらえていない

 ・授業後&週末にやることがない(何もない田舎でした) etc...

 

 これらのは全て切実な不満なのですが、20歳前後の生徒たちは明るく楽しく過ごしていました。しかし、学習環境および生活環境としては、日本人生徒や30代以上の韓国人生徒にはとうてい満足できるものではないと感じました。特に、社会人の生徒さんには講師のレベルが、女性の生徒さんには生活環境が大きな問題となっていることが分かりました。

 

 これらの問題が解決されないことには、日本人にフィリピン留学が広く受け入れられるのは難しいのではないかと感じ、このポテンシャルを十分に活かせる日本人向けのサービスを作りたいと考えるようになりました。

 

 当校は、全講師がネイティブ(2012年12月時点で全員が米国もしくは英国人)の学校です。単にネイティブというわけではなく、ビジネスや英語指導経験に富む優秀な講師のみを選りすぐって採用しております。日本の国内外を見渡しましても、これほどのネイティブからマンツーマンレッスンを受けることができる学校はほとんどございません。

 

 アメリカやイギリス、オーストラリアへの語学留学ではグループレッスンが多く、生徒が話す機会が少ないということは頻繁に指摘されております。マンツーマンレッスンでは自ら発言をしないと授業が進行しませんので、会話力の向上スピードは比べるまでもありません。

 

 当校では生徒さまの英語力とご要望に応じてカリキュラムを最終確定致しますので、文字通り英語漬けの生活をお望みになる方から、英語への抵抗感がまだ大きいビギナーレベルの方までご満足いただけると自信を持っております。

 

 ご滞在いただく住居は日本人でもご満足いただけるよう清潔かつ快適に整えており、南国情緒を存分に味わっていただけるかと存じます。食事は日本食を中心にご提供しております(生徒さまのご要望によりフィリピン料理もお出しするようになりました)。さらに、当校は町の中心部に位置しておりますので、治安の心配がないことはもちろん、州で最大のショッピングモールや繁華街も至近にある非常に便利な立地です。

 

 日本経済の縮小に危機感を持ち、多くの企業が海外への事業展開を急速に進めております。今後は老若問わず、英語が業務遂行上の重要スキルとなることも多々あると思われます。既に、私が在籍した楽天や、ユニクロを展開するファーストリテイリングが社内公用語の英語化を打ち出しており、「英語が苦手だと評価が下がる」可能性もあります。楽天やユニクロほどではなくとも、今後はあらゆる業種でグローバル人材が求められる時代がやってきます。

 

 クラークフィリピン留学院は、日本人の生徒様が、いかに短期間で実用的な英語力を伸ばすことができるかを真剣に考えながら運営されている学校です。

 英語は、飽くまでビジネスや旅行、学問のツールでしかありません。技術の習得にかける時間は短ければ短いほどいいはずです。当校では、入学後数日から1週間ほどで(日本人特有の)英語に対する恐れや恥じらいが全て取り除かれ、英語にのめり込めるようになります。この状態にさえなれば、英語力が日に日に積みあがっていくのを自ら実感していただけると思います。

 

 私は少しでも多くの方に英語の心配なく、世界で活躍していただきたいと思っております。フィリピンNo.1 講師陣を誇るクラークフィリピン留学院をぜひご利用いただければ幸いです!

 

クラークフィリピン留学院代表取締役

芦田 一毅

 

 

 

 

プロフィール

 京都市出身。洛星高等学校、慶應義塾大学経済学部卒業。

 UFJ銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行し法人融資を担当後、シンガポールにて独立系ヘッジファンドFuNNeX Internationalの設立に参加。マネージャーとしてトレーディング、運用報告書作成、ファンド計理を管掌。

帰国後はイーバンク銀行(現楽天銀行)に入行し、審査、営業企画、経営企画を歴任する。経営企画部門では国際業務室を立ち上げ、同行の海外業務を一手に担う。

 楽天グループの英語公用語化にともない設置されたフィリピンへの1ヶ月の語学留学を視察。現地では短期留学の学習効果の高さを実感する一方で違法な学校運営や生徒に対するホスピタリティのなさに幻滅する。日本人が安心して学ぶことのできる学校を目指し、2012年2月にクラークフィリピン留学院を設立。

 

 

Contents

  • フィリピンクラーク留学院 スタッフブログ
  • 無料Skypeオンラインレッスン
  • フィリピン教育省
  • フィリピン政府観光省
  • PSAA 一般財団法人フィリピン留学普及協会
  •  フィリピンの子どもと女性の支援、現地ボランティア体験の特定非営利活動法人ソルト・パヤタス
  •  特定非営利活動法人アクセス-共生社会をめざす地球市民の会
  • @CE_Ashida 代表の芦田のアカウントです。フィリピン留学、海外ビジネス、国際協力などについてつぶやいています。
  • Find us on Facebook
フィリピン留学フェア2017案内

pagetop