欧米語学留学と同じクオリティの教育をフィリピンで
日本人が経営する、日本人のための英語スクール
低価格というフィリピン留学のメリットはそのままに、欧米ネイティブ講師によるマンツーマンの授業を展開

TOEIC集中コース

TOEICのスコアアップに主眼を置いた試験対策コースです。

就職活動、社内昇進、転職などにおいてますます重視されいるTOEICで目標得点をクリアするため、当校が全力でサポートいたします。

 

クラークフィリピン留学院レベル・コース分け目安(TOEIC集中コース)
TOEIC集中コース

TOEIC集中コースは、当校で最も自由の少ないコースです。このコースをご選択いただいた生徒さまは、模擬試験や小テストの受験が義務づけられます。

 

模擬試験には学習の成果が如実に表れますので、目標スコアまでの進捗チェックにご活用いただけます。また、小テストは日々の学習習慣をつけるためのペースメーカーとしてご利用ください。

TOEIC集中コース 3つの特長

TOEIC模擬試験(隔週)

2週間に一度、TOEICの本番と同じ環境での模擬試験を受けていただきます。

以下の理由から、TOEICの試験対策において模擬試験の受験は非常に重要であると我々は考えております。

 

まず、生徒さまのウィークポイントを明らかにして学習の効率化を図ることができます。TOEICテストは、大きく分けて前半のリスニングセクションと後半の文法&リーディングセクションによって構成されていますが、獲得スコアに大きく偏りがある場合は苦手分野を克服することにより点数の大幅アップを見込むことができます(リスニングセクションの点数が低い方は当校への留学によるスコアアップの可能性が特に高いと考えられます)。

 

次に、学習の進捗状況を時系列的に追うことがモチベーションを保つ助けとなります。点数が着実に上昇している場合は目標スコアに近づいている実感が得られますし、学習量が足りない場合は点数が伸びませんのでこのままでは問題だと危機感を持たせる効果があります。 

 

最後に、TOEICは慣れによる点数上昇効果が大きい試験ということが挙げられます。本番環境を何度も経験することで試験時間120分間の時間配分や、集中力の維持が容易になります。

 

 

単語、熟語、文法問題 小テスト(毎日)

TOEIC集中コースをご選択の生徒さまには毎日、TOEICで出題される選択形式の小テストを受けていただきます。

 

文法、単語、熟語に関する問題の正答率は、一朝一夕に上昇するものではございません。

この分野の対策には暗記が非常に重要であり、基礎英語力が身についていらっしゃる方はご自分で学習できる内容でもあります。生徒さまご自身が毎日継続して問題を解かれ、知識を積み重ねてゆくことで点数アップを達成されることが望ましく、当校は日々の小テストという形で生徒さまの学習習慣づけをサポートしております。

 

ご留学中に学習ペースを体に覚えさせ、ご帰国後もこの習慣を守っていただければボキャブラリーおよび文法における得点率は着実に上昇します。

 

 

ネイティブ講師との会話による、高いリスニング学習効果

TOEIC試験のリスニング対策といえばCDなどで音声を聞きつつ問題を解くのが王道であり、当校のTOEICコースにおいても音声を聞いて問題を解く学習には十分な時間数を割いております。

 

加えて当校での学習が効果的なのは、全講師がネイティブであるために ”リスニング” の授業以外も全てリスニングの学習になるということです。文法問題の解説も、リーディングで理解できなかった文章の説明も、休憩時間の雑談さえもネイティブの発音に慣れる練習になっているのです。全ての講師がネイティブで構成されるクラークフィリピン留学院ならではの利点です。

Contents

  • フィリピンクラーク留学院 スタッフブログ
  • 無料Skypeオンラインレッスン
  • フィリピン教育省
  • フィリピン政府観光省
  • PSAA 一般財団法人フィリピン留学普及協会
  •  フィリピンの子どもと女性の支援、現地ボランティア体験の特定非営利活動法人ソルト・パヤタス
  •  特定非営利活動法人アクセス-共生社会をめざす地球市民の会
  • @CE_Ashida 代表の芦田のアカウントです。フィリピン留学、海外ビジネス、国際協力などについてつぶやいています。
  • Find us on Facebook
フィリピン留学フェア2017案内

pagetop